読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外国人技能実習生ニュース

外国人技能実習制度や協同組合、技能実習生送出機関に関するニュース・コラムです。

ミャンマー人技能実習生送出し機関送り出し開始

ARBOURFIELD CO.,LTD.のプレスリリースです。

 

日本の人材不足の解消策として安倍政権が推進している策として「外国人技能実習生制度」がある。この外国人技能実習制度は長年の歴史があり、これま では中国の実習生たちが毎年5万人ほど実習生として入国し日本で技術を学び帰国するという繰り返しであったが、ここにきて中国からの実習生が日本での実習 を希望しなくなり、今現在ミャンマーが注目筆頭株として実習生の獲得合戦が始まっている。

ミャンマー国における海外人材派遣エージェントとして15年間、中東や東南アジアミャンマー人材を派遣してきた「ARBOURFIELD社」は日 本の人材不足への貢献と、実習生の送出しを行うことによるミャンマー国への技術の移転を主眼にいれ、実習生たちの事前日本語教育ミャンマー最大都市のヤ ンゴンにて開始した。

ARBOURFIELD社はヤンゴンに建築。造船関連のトレーニングセンターを自社で持ち、受け入れ先企業の要望によって溶接技術や足場のトレーニングを行い、日本の建築需要造船需要のニーズに答えていく。
また、必修で、日本語教育を行い、実習生たちが面接の際には日本語でのインタビューで採用試験を行う。

この日本語教育機関では日本語だけではなく、日本の生活や仕事に関する法律、技能実習生の制度に関する知識など、自分自身のステータスや役目をしっかりと把握させ「最後までやり遂げる強い心」を育てる教育を行う。

今年来年にかけて中国の実習生からミャンマーへと乗り換えを行う受け入れ企業も増えることが予想され、ARBOURFIELD社はそのニーズに答えられるよう、一人でも多くのミャンマーの若者たちの人材育成。教育を行い、日本へ送出しを行う準備を行っている。

現在は受入管理団体からの数多くのオファーを受け付けており、気になる方はジャパンデスクへ問い合わせください。