読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外国人技能実習生ニュース

外国人技能実習制度や協同組合、技能実習生送出機関に関するニュース・コラムです。

違法行為の監督強化を 小池議員 外国人実習生問題ただす

2015/05/14 しんぶん赤旗

 

 日本共産党小池晃議員は、12日の参院厚生労働委員会で、外国人技能実習生に違法行為が横行する事態のまま、外国人実習生の規模と業種の拡大は許されないと追及しました。

 安倍内閣は、今国会に外国人技能実習生法案を提出し、期間を3年から5年に延長し、建設、介護分野に拡大しようとしています。

  小池氏は、受け入れ機関は3万3000、実習生は16万9000人だが、実習生受け入れ機関の労働基準法違反は79・6%に及ぶのに、受け入れ禁止は241件だと指摘しました。

 そのうえで、徳島県の縫製業・日産常盤などで働いていた中国人実習生20人が今年2月、賃金未払いで労働基準監督署に申告したことを指摘。日産常盤の社長が、徳島労働局の地方労働審議会使用者側委員であることもあきらかになりました。

 小池氏は、「1年間で休めるのは元旦と花見の2日だけ。1日5~6時間の残業で、残業の時給は350円に満たない。未払い分は1年で全員がそれぞ れ約100万円。残業は月204時間のときもあった」と実態を告発。「昨年、労基署が賃金未払いを指導したのに、解決していない。過去の未払いは是認する のか」と迫りました。

 塩崎恭久厚生労働相は、「厳正に対処する。制度を適正化するのはまったなしだ」と答弁。小池氏は、「これだけ問題が出ている。適正化して成果がで てから拡大するならわかるが、適正化と同時に拡大するのは乱暴だ」と批判し、違法行為をした企業の受け入れ禁止、入管と労基署の体制を強化するよう求めま した。