読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外国人技能実習生ニュース

外国人技能実習制度や協同組合、技能実習生送出機関に関するニュース・コラムです。

カーコンビニ倶楽部タイ進出1号店をバンコク・ラマ三世通りにオープン

2016/03/19 タイランドハイパーリンク

 

自動車向けトータルアフターサービス提供のカーコンビニ倶楽部株式会社はタイのロクスレー社との合弁事業で、タイ進出1号店として「カーコン タイ」をバンコク・ラマ三世通りに2016年3月18日にオープンしました。

カーコンビニ倶楽部は外国人技能実習制度を採用し、日本でタイ人実習生が技術習得を行っているとのことで、日本と変わらぬサービスが期待できそうです。なお今後、カーコンビニ倶楽部は、タイ国内において100店舗のフランチャイズ展開を目指しているとのこと。

 

カーコンビニ倶楽部では、外国人技能実習制度を採用し、2012 年 12 月タイのチェンライ に研修センターを開校しました。以来、実習生の来日前の日本語や鈑金の基礎知識など研 修を実施しております。 同時に、大手商社ロクスレー(LOXREY Public Company Limitd)の Dongchai Lamsam(ド ンチャイ氏)代表取締役社長が来日し、カーコンの技術および外国人実習制度で来日した、 タイ人実習生の日本における鈑金技術習得について弊社直営店を視察しました。その際、 事業としての可能性やタイの鈑金技術向上と雇用への貢献につながると判断しました。

また弊社においてもタイ国内の自動車アフターサービスの市場が拡大傾向であることか ら弊社の新事業として将来的な展望を見込み、2014 年にロクスレー社と合弁事業を開始し、 本日、カーコンタイ第1号店をオープンする運びとなりました。

同店には 3 年間の実習を終えた者も就業しており、提供する「カーコン工法」は、カー コンビニ倶楽部独自の鈑金工法で、作業時間の短縮、仕上がりの品質の高さを実現したも のとなっています。今後は、早い・キレイ・ジャパンクオリティーを訴求していきます。 本事業は、日本国内においては加盟店の人手不足を補完するひとつになり、またタイに おいては、カーコンタイが実習生の働き口の受皿のひとつとなります。ついては日本技術 の伝授と共に、タイで不足している技術者の人材育成および若手人材の雇用に貢献するも のと考えております。